マンション管理は高評判の日本ハウズイングへ!業界トップクラス

副収入に留守宅を利用

内観

留守宅で収入を得られる

リロケーションという言葉を耳にする機会が増えてきたこの頃ですが、まだリロケーションについてご存じない方もいるでしょう。リロケーションとは転勤などで長期不在となる自宅を賃貸物件として貸し出すことで収入を得るシステムのことです。利用用途のない留守宅を利用して収入を得ることが出来るので、家を持っている方にとっては魅力的なシステムです。個人で賃貸契約を結び自宅を貸し出すことも出来ますが、最近はリロケーション物件を扱う不動産会社が増えてきているので、自身に代わって入居者との間に入り契約から退去までに必要となることを引き受けてもらうことが出来ます。このようにリロケーション物件を扱う不動産会社が増えてきていることにより、リロケーションは身近なサービスとしてその人気が高まってきています。

利用する際に注意したい事

リロケーションは期間を限定して自宅を貸し出すため、転勤などで用を終えた後は自宅に戻ることが出来ますが、突然転勤期間が短縮されたりした場合は契約上契約期間が終了するまで自宅に戻ることが出来ない場合もあります。自宅が自分の所有物だとしても賃貸物件として契約し貸し出してしまった以上は定められた期間は自宅として利用することが出来ません。そのため、自宅をリロケーション物件として貸し出す場合は、事前にもう一度転勤の期間などをよくよく確認してから利用するようにしましょう。また、入居者の暮らし方によっては自宅に戻ってきた時にリフォームやクリーニングが必要となる場合があります。リロケーションを利用する場合は、そうした戻って来た時のことも頭に入れて利用する必要があります。